ハローワークの失業保険手続きについて

退職した前職場で1年以上雇用保険に加入していれば、退職後に今後働く意思があると認められれば失業保険金を受け取ることができます。
結婚やその他理由により、就職活動を行う意思がない場合には失業保険金を受け取ることはできません。

保険金は、解雇や会社の倒産によるなど会社都合での退職による場合は直ちに、自己都合退職では3ヶ月間の待機期間を経て支給されます。
失業保険金を受け取るには、まずは最寄りのハローワークで失業認定の手続きを行う必要があります。

手続きが終わって以降は、毎月指定された日にハローワークに出頭して就職活動の報告を行う必要があります。
毎月2社または3社以上の応募が支給条件になっており、これらを満たさない場合や指定された日時にハローワークに出頭しなかった場合には支給が延期されます。

待機期間中や、支給が開始される前に就職が決まった場合には、就職先企業に書類を提出して就職証明をしてもらい、必要書類全てをハローワークに提出すると、ハローワークの斡旋企業かそうでないかを問わずに就職準備金として一定の保険金を受け取ることができます。
また、就職準備金を支給された会社に1年以上勤続した際に再び所定の書類を提出すると、定着手当が支給されます。

スポンサーリンク