ハローワークの紹介状は採用に際してどのくらいの効力があるのか?

ハローワークで求人に応募するというときに紹介状をもらいます。
これは、ハローワークで登録されたどの人をどの企業に紹介したということを把握することが目的です。
企業側からすればその紹介状があるということで、ハローワークで本人の確認や素性が既にきっちりしているという安心にもなります。

紹介状と聞けば、普通はそこから推薦してくれていて、ハローワークとその企業で話がついていて採用が決まっているかのように思ってしまいますが、この場合はそうではありません。

そのため、紹介状で採用されやすいわけでも、されにくくなるわけではありません。

但し、ハローワークへ求人を出している企業は、応募の際にほとんどが提出書類の中にハローワークからの紹介状を必要としています。
そこに求人を出しているのですから、それを証明するものが何か必要ということで当然です。

なので、紹介状は採用されやすいかどうかというものではなく、応募のときに必須のものということになります。
ちなみに、紹介状をもらったということは、その企業へ紹介したという履歴が残ります。
途中で気が変わったなどで応募をやめた場合などは、ハローワークへ連絡が必要です。

そこの職員にも応募する企業にも迷惑がかかりますので社会人としての行動が大切です。

スポンサーリンク