ハローワークを初めて利用する場合に注意すべき点

ハローワークを初めて利用する場合には、目的に応じた窓口へ行く必要があります。
求職者が仕事を探しに来たケースでは、初回利用時に限って、求職者登録を行うので気をつけましょう。

氏名などの就職活動に関連した個人情報を記入しなければいけないため、予め履歴書を作っておいて持参するとスムーズです。
服装は普段着で構いませんが、応募した企業によっては当日に面接が実施される可能性もあります。

登録完了となったらカードをもらえて、次回以降の求職活動ではカードを所定の場所に提出するだけで済みます。
求人情報はネットワークにつながったパソコンで参照できますが、求職者登録の後に利用申請を出さなければいけません。

失業給付などの別の用事がある方は、それぞれ該当する窓口へ行かなければいけないので、入口にあるハローワークの建物の案内板を確認してから移動しましょう。

原則的に、対応している窓口へ行くことで手続きが進行するので、自分の用事を受け付けてくれる窓口を探すことが重要です。

一部のハローワークでは週末も営業していますが、平日に比べて混雑していることが多く、急ぎの場合は余裕をもって早めに窓口へ行きましょう。
窓口で必要書類を提出した方から順番に対応していくから、後から来ると長時間待たされる羽目になってしまいます。

スポンサーリンク